読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思索✕詩作。

思索と詩作のブログ。

幸福の砦。

目の前で繰り広げられる

普通の人の、普通の人による、普通の人のための喧騒から、

異質である僕は距離を置きながら、

ただただその人たちを見て、普通を恨み、普通を呪う。

 

あぁ、なんて孤独。

 

普通の人にとって

僕は

「できることなら」関わり合いになりたくない存在。

「できることなら」とは、

ほぼ「絶対に」とイコールである。

 

あぁ、なんて孤独。

 

そう、僕は孤独で異物なのだ。

 

普通の人の集団に入れない僕は、

普通の人の集団に関わろうとせず、

そもそも、普通の人の集団を視界に入れようとせず、

自分ひとりだけが入れる箱庭だけが

幸福の砦。