思索✕詩作。

思索と詩作のブログ。

靴。

靴を履き始めた頃は
花が特段美しいとは思わなかった。
あらゆる権力は潰すものだと思っていた。
動物園の動物をただ可愛いものだと思っていた。

今は必ずしもそうは思っていない。
花は美しくいとおしいものだと思うようになったし、
権力は秩序を保つために少しは必要だと思うようになったし、
動物園の動物を少し可哀想に思うようになった。

靴に大分履き慣れてきたようだ。

でも、僕はまだ、
花の手入れは面倒だと思ってるし、
身近に不当で不愉快な権力も存在すると思ってるし、
動物園の動物も野生に放たれるべきだとは思っていない。

そう、
僕はまだ靴を完全に履き慣らしてはいない。
そう、
僕はまだ靴を履き潰してはいない。