読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思索✕詩作。

思索と詩作のブログ。

前任者。

昔書いた詩
今ここにいる僕。

聖域にいるのかドブの中にいるのかわからない、
とにかく特別なフィールドにいる。

特別なフィールドにいるから僕は特別なのか、
僕が特別だからフィールドが特別なのか僕にはわからない。

周りは知っている。
でも口をつぐむ。
ここが聖域だからか、ドブの中で臭いからか、
それを判断する能力は僕にはない。

特別なのに?
特別なのに?

確かなのは今ここに僕がいること。
そしてここに前任者がいたこと。
一冊の日記と栞があった。

日記には書き殴った筆跡が残されていた。

ここを出たい。ここを出たい。
僕は囚人ではないのだ。僕は囚人ではないのだ。
あの子はどこ?あの子はどこ?

前任者はここから出られなかった。

特別なのに。
特別なのに。

僕もここから出られないのだろう。
聖域、ドブの中、多分両方共違う。
ここは監獄。

でも前任者とは決定的に違うことがある。
あの子は毎日僕の側にやってくる。
日の光の代わりに。
あの子は嫌な顔せず僕の側に来る。
無邪気だ。

そんなことで幸せを感じる僕は
飼いならされているだろうか。

僕はここをでなくてもいい気がしている。
苦しんだ前任者とは違って。
僕は気が狂っているだろうか。

出られなくても、あの子の声が聞ければ、
あの子が側にいてくれれば、いい。


誰が僕をここに押し込んだかは知らない。
何かの罰かもしれない。

でも今ここにいる僕は、あの子がいる限り幸せだ。

僕は変わり者だろうか。

前任者の苦しみを理解できない非情な人間だろうか。