読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思索✕詩作。

思索と詩作のブログ。

光。

昔書いた詩 人生の詩
僕には光は痛い。
痛くて痛くてしょうがない。

僕の影は暗い。
光は僕の影を追ってきては
僕の影を染めようとするけど
僕の影はどうしても光に染まらない。

光はムキになって僕の影を消そうとする。
僕の痛みは更に増す。

どうして。どうして。


僕には光が眩しい。
眩しくて眩しくてしょうがない。

光は楽しく笑って生きる健全な選ばれた人だけのもの。
僕は影の世界の住人。
どうしようもない僕を抱擁し
受け入れてくれるのは闇だ。

無理に笑わなくてもいい。
そう言ってくれるのは闇だけだ。


それなのに、
どうして。どうして。



光はどうして僕に明るく染まることを無理強いするの?
染まらないものは染まらない。
どうして僕はこんなに痛い思いをしなければなないの?
痛い痛いと泣いた因幡の白兎にはなりたくない。


スコールは、まだか。夜はまだか。
それか
誰か僕に日傘をくれないか。
蒲の穂で作った大きな日傘を。