読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思索✕詩作。

思索と詩作のブログ。

効率と無駄の間。

思索
無くなると困るものに気づくのはたやすいが
無くなると寂しいものに気づくのは難しい

前者は水、テレビ、五感
後者は集落、花、ゲーム、音楽

おそらく
無くなると困るものがない満たされた現代社会において
無くなると寂しいものを発見したり作り上げたりして
無くなると困るものにする人が
イノベーターという人たちなのだろう

泣き虫

人生の詩
「すぐに何かに負けて涙流す、君と僕は似てるな」

この歌詞を聞くと
僕は君のこと思い出す

君に会わなくなってしばらく経つけど
君はまだ泣き虫ですか?

僕はあまり泣かなくなったけど
それはすぐには負けなくなったからかもしれない

大人になるって何かを失うこと
そんな感じ

からかわれてるのか同情されてるのか……

日記
からかわれてるのか同情されてるのかわからん。
レスポンスなのかメッセージなのかもわからん。
わからん。わからん。


あ、TOEICの勉強はじめた。
大学時代にあろうことか受験しなかったから(汗)
体調と相談しながらですが。ぼちぼち。

嗤われること。

日記
病気が判明してから、
嗤われることに敏感になって
すごくキレやすくなったと思う。
(いや前からキレやすいか)
病気のことだったり、個人的にプライドを傷つけられることだったりで、
日々嗤われてるんだろうな、心の中では馬鹿にされてるんだろうな、
ということをひしひしと感じるからだ。
嗤われてると感じる、人を信用しきれない、と
本当に短気になる。些細なことでも嗤われてる気がするから。

そのうち爆発するかもな、と思ってるところ。

記憶。

愛の詩
君が数分前までいた場所に立ってみる
君の声もしない
君のにおいもしない
そして君自身はもうここにはいないけど
確かにここに立っていたという記憶だけが
君と同じ場所に今立っているということが
僕の心を暖かくする

嫌いになりたい。

愛の詩
君は私のことが好きではない。
だから君のこと早く嫌いになりたい。
延々と君への未練を断ち切れないのが嫌だ。
だから
君が君の好きな人と幸せをつかむまで
君の悪口を言うことを許して欲しい。
どうかひどいことを言うのを許してほしい。

Instagramのぼけてっていう動物写真が可愛い。

日記
Instagramのぼけてっていう動物写真が可愛い。
それに加えて、
なぜかぼけてインスタのイイねリストがお菓子ばかりで腹減る。